物流サービス大手のフェデックスも配送ロボットを発表

物流サービス大手のフェデックスも配送ロボットを発表

物流サービス大手のフェデックスは2月27日、自動走行の配達【ロボットセイムデーボット】(SameDay Bot)を発表しました。

「物流のラストマイル」へ実用化に向けたテストを開始する。

 

電動立ち乗り二輪車のセグウェイを開発したデカ・リサーチ&デベロップメント(DEKA Reserach & Development)と共同で開発されたセイムデーボットは、電動車いすの「アイボット(iBOT)」に似ており、4つの車輪に二つの補助輪を付けた可動部を持つ。

フラットな道から急な傾斜、さらには段差のある場所や階段など、人が行ける場所なら基本的にどこでも移動できるように作られている。

車輪の上には前面と背面にディスプレイを設置した縦型のボックスがあり、トップには周囲の環境を把握できるように、光を用いたリモートセンシング技術のライダー(LiDAR)と複数のカメラを搭載している。

セイムデーボットは人工知能(AI)アルゴリズムを利用し、障害物を検知して回避したり、目的地への安全な経路を判断したりすることができるという。

最大100ポンド(約45キログラム)の荷物を運び、最大時速10マイル(時速16キロメートル)で移動することが可能となる。

なお配達物の受け取りには人がいることが前提となっており、置き配は不可となっている。

フェデックスでは提携する大手チェーンストアの顧客の6割が店から3マイル(約5キロメートル)内の場所に住んでいることから、セイムデーボットはローカルの配達に特化して活躍することができるとみている。

パートナーシップを締結したチェーンにはウォルマートやターゲット、ウォルグリーンの他、ピザハットなどの外食チェーンも含まれている。

セイムデーボットはフェデックス本社のあるテネシー州メンフィスで今夏からテストを開始する予定。

NEWSカテゴリの最新記事