ヤマト運輸、東京・豊洲にセルフ型店舗「クロネコスタンド」オープン 大きな荷物も受け取りやネットオークションの荷物発送も可能に!

ヤマト運輸、東京・豊洲にセルフ型店舗「クロネコスタンド」オープン 大きな荷物も受け取りやネットオークションの荷物発送も可能に!

ヤマトホールディングス傘下のヤマト運輸株式会社(本社:東京都中央区・代表取締役社長 栗栖 利蔵、以下、ヤマト運輸)は、セルフ型店舗「クロネコスタンド」を2019年5月30日(木)に東京・豊洲(UR都市機構豊洲4丁目団地)に新設した。これまでの宅配便ロッカーと異なり、24時間365日、スーツケース、ゴルフバッグなど大型の荷物にも対応。いつでも宅配便の荷物などが受け取りでき、かつ、ネットオークションなどでの荷物の発送も可能だ。

出典:http://www.kuronekoyamato.co.jp/ytc/pressrelease/2019/news_190529.html

利用者のライフスタイルの変化やそれに伴うEコマースの拡大といった背景から、ニーズの多様化に対応するため、ヤマト運輸では利用者の都合のいい時間、場所で荷物を受け取れるオープン型宅配便ロッカー「プドー(PUDO)ステーション(以下、 PUDO)」を展開中だ。フリマサイトなどを利用する顧客の発送にも対応しており、2019年5月時点で設置台数は全国で4,000台を超えるなど好評を得ている。一方、PUDOに収まらないゴルフバッグやスーツケースといった大きなサイズの荷物受け取りを、非対面で利用したいという要望も挙げられていた。

この要望に応える形で、クロネコスタンドでは「ラージサイズ対応オリジナルロッカー」を設置。160サイズ(3辺計160cm以内、25kgまで)の大きなサイズの荷物に対応できる。また、本ロッカーは「複数の荷物を1つのロッカーでまとめて受け取る」使い方も可能であり、クロネコIDごとに荷物をひとまとめにできる。

出典:http://www.kuronekoyamato.co.jp/ytc/pressrelease/2019/news_190529.html

店内には空き箱を回収する梱包資材回収ボックスも併設。受け取った荷物をその場で開梱し、商品だけを持ち帰ることができる。回収された空き箱はリサイクルされるという。利用者は空き箱を家庭で処分する手間を省くことができる。

出典:http://www.kuronekoyamato.co.jp/ytc/pressrelease/2019/news_190529.html

「メルカリ」や「ヤフオク!」の荷物を発送することができる。

「メルカリ」や「ヤフオク!」から配送用の二次元コードを発行。ロッカーの画面から「発送」を選択し、二次元コードをバーコードリーダーにかざすと、ドアが開き荷物を入れられる。荷物を入れるだけで、この荷物が発送されるのだ。

UR都市機構豊洲4丁目団地は宅配ロッカーなどの設備がない中、荷物も好きなときに受け取りたいという要望が多く、これを受けUR都市機構と協力しオープンに至ったという。

今後は、近隣利用者の意見や要望に応じて、サービスや機能を拡張していく予定とのこと。例えば、クール宅急便の受け取りに対応するなど検討中である。

NEWSカテゴリの最新記事