不在票を狙った新たな再配達問題、クレジットカードを不正入手。

不在票を狙った新たな再配達問題、クレジットカードを不正入手。

不在票を利用した新たな再配達問題の登場だ。

簡易書留郵便の不在票をポストから盗み出し、住人になりすまして郵便局でカードを不正に受け取る事件が東京都内を中心に増えている。郵便局でクレジットカードを受け取るには保険証や身分証明書が必要となるが、犯行グループは免許証や保険証を偽造し、窓口職員をうまく欺きクレジットカードを受け取っている。

参考:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO46807920R00C19A7CC1000

クレジットカードは申込みから審査を挟み受け取りまでに約2〜4週間かかるし、発送の連絡が来ないために配送状況が確認できない。気づかぬ間にクレジットカードを受け取られ不正利用されていたという。郵便局員も身分証、不在票で本人確認を行う手順をとっており疑うことはむずかしい。警視庁は「カードが届かず、おかしいと思ったらすぐに信販会社に相談し、警察にも通報してほしい」と呼びかけている。
物流ラストワンマイルにおける再配達問題は様々な形でアップデートされていく。置き配やドローン配送においてもサービスが拡大していくに連れて様々な問題が発生していくだろう。

受け取り方を受取人が選べる。配送員が受取人に直接届けれる。この2点を解決できるソリューションが今後必ず必要となってくるだろう。

NEWSカテゴリの最新記事