ソフトバンク、物流のラストワンマイルに対しマッチングサービスの実証実験開始へ、イオン九州と協業

ソフトバンク、物流のラストワンマイルに対しマッチングサービスの実証実験開始へ、イオン九州と協業

ソフトバンク株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼 CEO 宮内 謙、以下「ソフトバンク」)は72日、イオン九州株式会社(本社:福岡市博多区、代表取締役社長:柴田 祐司、以下「イオン九州」)と物流のラストワンマイルの効率化を目指して協業すると発表した。

両社は物流のラストワンマイル配送効率化を目指して、実証実験に取り組む。

出典:https://www.softbank.jp/corp/news/press/sbkk/2019/20190702_04/

1段階として20196月から、夜間配送の需要調査としてイオンショッパーズ福岡店(福岡市中央区天神)のネットスーパーの注文品を、夜間2223時を含む時間帯に配送する実験を行なっている。

ネットスーパーの注文品を22時以降に夜間配送するのは、日本初の試みだ。配送ニーズの高い夜間にも配送をスタートし、需要を開拓する。

2段階では、ネットスーパーの注文品を配送する業務を、地域の配送ドライバーとマッチングするシステムの実証実験に取り組む予定だ。

協業パートナーであるCBcloudの配送マッチングサービス「PickGo」を活用し、荷量に応じて必要な時に、必要な車両数だけを手配し、地域の登録ドライバーとマッチングして配送する。これによって22時以降の配送需要にも対応する。

出典:https://robotstart.info/2019/07/02/sb-aeon.html

共働き世帯の増加や高齢化社会の進行により、買い物の負担を軽減できるネットスーパーはさらなる需要が期待される。一方、通常の配送時間には受取人が家を空けているケースが多く、そのために再配達が増加し、物流の大きな負担となる。

「運賃値上げ」と「配達の同時性」。もぅマヂ無理。。。な物流会社の悲鳴に迫る

以前、上記の記事でも取り上げたが、「受け取りたい時に荷物を届けて欲しい」受取人の思いと、「配達する時に受取人が居て欲しい」配送員の思いのギャップが露わになっている。このギャップがネットスーパーの宅配サービス利用の阻害要因ともなっており、この噛み合わない課題を解決することが重要と両社は考えたようだ。

需要に応じた配送車両手配や配送コストの最適化を達成し、夜間も含めた顧客ニーズに合わせた配送サービスの提供を目指す。

日中働いている方のなかには、「スーパーを利用したくても、残業がかさみ、仕事が終えたもののスーパーの営業時間を過ぎていて買い物ができない」と不満を感じる方も多い。このサービスは、日中にネット注文を済ましておけば22時以降の受取りが可能となる為、上記の不満対し有用性が高く、需要増が期待される。

両社は、今回の実証実験を踏まえ、今後さらに配送対応時間の拡大を目指すとのこと。

物流のラストワンマイルの課題解決に向けた、本実証実験には目が離せない。

NEWSカテゴリの最新記事