アマゾンジャパン、大都市圏中心に置き配サービスを本格スタート。再配達減らす。

アマゾンジャパン、大都市圏中心に置き配サービスを本格スタート。再配達減らす。

アマゾンジャパン合同会社 (以下、アマゾンジャパン)は7月8日、ユーザーが購入した商品を、玄関や車庫などに置いて届ける「置き配」の対象エリアを、東京・大阪・神奈川など7都府県に拡大すると発表した。Amazonが発送する商品、およびAmazon物流代行サービスであるFBAを利用し販売する出品者の商品も対象とする。

「置き配」が再配達問題を救う?置き配の基本をおさらい

詳細は上記の記事を参照していただければ幸いだが、「物流のラストワンマイルの再配達問題」および「配送員の不足などの物流会社の問題解決」、「配送員から直接荷物を受け取る手間解消」の一手として、置き配が注目されている。

アマゾンジャパンは3月、(対象エリアの明示はなかったものの)一部地域で置き配をテストしていることを明らかにしていた。今回の発表では、東京都14区や大阪府3市など、都市圏の45の対象エリアを明示し、エリア拡大をアピールした(詳細は下記参照)。

出典:https://www.amazon.co.jp/%E7%BD%AE%E3%81%8D%E9%85%8D/b?ie=UTF8&node=6665180051

Amazonで置き配を指定して注文する方法は以下の通り。

1.注文確認画面で「置き配指定」ボタンをクリック。

2.置き場所を「玄関」「宅配ボックス」「ガスメーターボックス」「自転車のかご」「車庫」「建物内受付/管理人」の各項目から選択。

この2ステップだけで、配送員が荷物を指定した場所に置いてくれる。

置き配の対象商品は、アマゾンジャパンの配送パートナーであるデリバリープロバイダが配送。

デリバリープロバイダは、配達完了時に配達物を置いた場所を撮影し、その場所を専用アプリにアップデートする。ユーザーはアプリをとおし、商品の置き場所の確認が可能となる。

出典:https://www.amazon.co.jp/%E7%BD%AE%E3%81%8D%E9%85%8D/b?ie=UTF8&node=6665180051

アマゾンジャパン、ジェフ・ハヤシダ社長は今回の件に関して、以下のようにコメントしている。

Amazonは、お客様のために常にイノベーションを追求することで、様々な配送サービスを提供してまいりました。そして、積極的に新しい配送サービスの選択肢をつくり続けています。Amazonは、常にお客様の声に耳を傾けており、置き配指定サービスについても、お客様からの沢山のご意見をもとに実現してまいりました。これからも、より多くのお客様に置き配指定サービスをご利用いただけるように、引き続き実施エリアを拡大いたします。」

出典:https://www.nikkei.com/article/DGXLRSP513885_Y9A700C1000000/

アマゾンジャパンは、20193月より国土交通省および経済産業省が開催する「置き配検討会」にも参加しており、自社のみでなく、物流のラストワンマイルも含めた物流業界全体が、新しい配送のあり方を検討・推進できるよう精力的な活動をしている印象を受ける。

置き配の導入は、配送員は再配達での配送が確実にできる、受取人は家に居なくても荷物を受け取れるという双方のメリットがあり、配達効率の改善が見込める。今回のエリア拡大も、新しい配送のあり方として機能することを期待したい。

NEWSカテゴリの最新記事