再配達問題における楽天やウケトルの通知機能の重要性、物流のラストワンマイル効率化に向けて。

再配達問題における楽天やウケトルの通知機能の重要性、物流のラストワンマイル効率化に向けて。

いつ荷物が届くのか。今、どこに荷物があるのか。リアルタイムで荷物の配送状況を把握することは配送員と受取人、双方にメリットがある。

物流のラストワンマイルにおいて、このメリットを満たすには荷物状況通知機能(発送通知、最到着通知、持ち出し通知、不在通知など)が重要である。通知機能によって受取人が荷物がどこにあるかを意識できれば、荷物を受け取らなければいけない意識が生まれる。それによって再配達を防ぐことになれば、配送員の工数削減にも大きく貢献するのだ。

・楽天が佐川急便と連携。楽天市場で通知機能を拡大。

先般、楽天が佐川急便と業務提携し、「楽天市場」における商品の配送追跡情報の通知機能の対象商品を拡大したことは記憶に新しい。

729日(月)より、「楽天市場」において購入された商品のうち、佐川急便が配送する商品に通知機能の活用が可能となった。ユーザーは逐一配送状況を確認せずとも、商品の受け取りや再配達依頼などのアクションが、楽天市場のアプリなどをとおして通知を受け取ることができる。商品購入後の配送状況が把握できるようになるため、効率的な物流のラストワンマイルの配送が可能となる。

出典:https://corp.rakuten.co.jp/news/update/2019/0729_01.html

実はリアルタイムの配送状況の通知機能を導入し始めたのは楽天だけではない。

iOSアプリを使用することで、真っ先に導入を開始したのがウケトル(所在地:東京都千代田区、代表取締役:横濱悠平)である。

出典:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000007.000022746.html

・このアプリひとつで一括管理!ウケトルでできること。

大手ネット通販(Amazon,楽天など)のアカウントをウケトルのアプリケーションに登録しておくことで、ネット通販購入時に自動的に連動される。これにより、荷物状況通知、荷物追跡、不在通知、ワンクリック再配達、履歴管理、ワンクリック再購入など手軽に対応ができる。

・自動の荷物状況通知、荷物追跡

Amazonや楽天などのネット通販で購入した商品をウケトルが勝手に自動追跡をしてくれる。アカウント連結さえすれば、購入後は何もせずほっておいても、ウケトルが荷物の位置を逐一知らせてくれる。いちいち伝票番号を元に荷物追跡をする手間が省ける。

・アプリ内での不在通知、ワンクリック再配達

ウケトルをインストールすれば、荷物が不在になった瞬間にアプリに不在通知が届く。仮に不在伝票を紛失しても探したりする必要はない。なおかつ、アプリからそのまま再配達依頼をすることも可能だ。例えば不在通知が届いてしまった荷物の再配達依頼を、アプリを活用することで、職場から当日の夜指定にすることも出来る。リアルタイムで不在通知を知り、再配達もそのタイミングでお願いできるので、まどろっこしい再配達依頼のストレスから開放される。

・履歴管理、ワンクリック再購入

ウケトルをインストールすればネット通販で買った商品は全てアプリ内の“配送完了タブ”に、まとめて保存される。ウケトルの“配送完了タブ”を開けばどのネット通販で買った荷物でも一覧で見ることができ、ワンクリックで再購入が可能である。

・ひとつのアプリに集約される利便性

ウケトルのアプリケーション内にネット通販のアカウントを登録することで、複数のネット通販で上記の機能を一元的に使用・管理することが可能である。各ネット通販のサイトを経由する手間がなくなり、この利便性も大きな特徴だ。

・ウケトルリリース後、再配達数は20%相当削減

ウケトルのアプリケーションのリリース後、ダウンロード数は10万を超え、その時点で再配達件数の20%相当の削減に貢献した。先般はAmazonのデリバリープロバイダの対応開始、またAndroid版アプリリリースも着手している。使用頻度が高いサイトやデバイスにもウケトルが活用され、更なる再配達率の削減に寄与できるだろう。

・最後に

物流のラストワンマイルの効率化には、荷物状況の通知機能は重宝される存在であろう。かつ、ウケトル独自の集約性は受取人にメリットある“利便性”が備わっている。その点も含め、今後も“通知機能が進化”すれば、効率のよい物流のラストワンマイルが実現されるだろう。

NEWSカテゴリの最新記事