新サービス「ecbo pickup」、街中のお店で宅配物を受け取り。再配達問題解決に!!

新サービス「ecbo pickup」、街中のお店で宅配物を受け取り。再配達問題解決に!!

ecbo株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:工藤慎一、以下 ecbo)は、50業種以上の街中の美容室や飲食店で、インターネットショッピングで購入した宅配物の受け取りができる日本初のサービス「ecbo pickup(エクボピックアップ)」を発表した。サービスの開始時期については、後日発表するとしている。

参考:https://ecbo.io/20190910_ecbopickup/

「ecbo pickup」は、街中の店舗やecbo cloak(エクボクローク)の荷物預かり店舗で宅配物の受け取りができるサービスだ。費用のかかる宅配ロッカーを設置の必要も無く、ecbo cloakと同様にコストゼロで導入が可能である。契約店舗は遊休スペースを活用でき、自店へのお客様の集客につなげることができる。
対象店舗の近隣に住むお客様は、自宅以外でも宅配物を確実に受け取ることができる選択肢が増え、併せてこれまで訪れることのなかった店舗への来店機会も創出できる。

 ecboは「モノの所有を、自由に。」というミッションを掲げおり、モノを管理する煩わしさから世界中の人々を解放し、『必要なときに、必要なモノが、必要としている人の手元にある』ノマドな世界を目指している。
その世界を実現するための第一歩として、かねてより荷物一時預かりシェアリングサービス「ecbo cloak」を運営し、全国47都道府県1,000以上の店舗・施設の遊休スペースを活用した、事前予約による荷物預かりをサービスを運営してきた。
「ecbo pickup」により、手荷物預かりのみならず、ユーザーの元に届く宅配物も一時的にお預かりすることで、日常生活における選択肢を増やしユーザーの利便性の向上をはかるとともに、さらには物流業界の再配達課題の解決にも貢献するとしている。

NEWSカテゴリの最新記事