2/4ページ

2/4ページ
  • 2019.08.05

OKIPPA、オートロック物件で宅配実証実験。物流ラストワンマイルの再配達削減に向け。

置き配バッグOKIPPAを展開する物流系ITスタートアップのYper株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 内山 智晴、以下「Yper」)は、株式会社デジタルガレージ(本社:東京都渋谷区、代表取締役 兼 社長執行役員グループCEO:林 郁、以下「DG」)が開催する不動産関連スタートアップを対象 […]

  • 2019.07.29

ゼンリンが提供する「配達アプリ」物流のラストワンマイルに欠かせない地図精度

ゼンリンデータコム(東京都港区)が昨年末にリリースした「配達アプリ」はこれまで配送員が行っていた作業を効率化する驚くべき機能を兼ね備えていた。 配送員はこれまで各拠点に出勤し、担当のエリアの印刷された紙の大きな地図に配送先をマーキングしその地図を見ながら配送していた。紙の地図に印をつけ、荷物を積み込 […]

  • 2019.07.29

矢野経済研究所、物流のラストワンマイル市場の実態と展望を発表。堅調な拡大傾向を予測。

矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)はラストワンマイル物流市場を調査し、分野別の物流スキームと動向、課題や将来展望などをまとめた(資料は矢野経済研究所で購入することが可能である。https://www.yano.co.jp/market_reports/C61105200) 2018年度のラスト […]

  • 2019.07.19

ヤフーとアスクルの業務提携解消、物流改革への先行投資

アスクル(岩田彰一郎社長)が筆頭株主のヤフーに対し、資本・業務提携の解消を申し入れている。共同運営するインターネット通販サイトの事業譲渡をヤフー(川辺健太郎社長)が求め、アスクルが拒否し関係が悪化。アスクルは提携関係の維持は難しいと判断し、独自路線での成長を目指す。ヤフーに代わる資本提携先として複数 […]

  • 2019.07.15

アマゾンジャパン、大都市圏中心に置き配サービスを本格スタート。再配達減らす。

アマゾンジャパン合同会社 (以下、アマゾンジャパン)は7月8日、ユーザーが購入した商品を、玄関や車庫などに置いて届ける「置き配」の対象エリアを、東京・大阪・神奈川など7都府県に拡大すると発表した。Amazonが発送する商品、およびAmazon物流代行サービスであるFBAを利用し販売する出品 […]

  • 2019.07.07

ソフトバンク、物流のラストワンマイルに対しマッチングサービスの実証実験開始へ、イオン九州と協業

ソフトバンク株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼 CEO 宮内 謙、以下「ソフトバンク」)は7月2日、イオン九州株式会社(本社:福岡市博多区、代表取締役社長:柴田 祐司、以下「イオン九州」)と物流のラストワンマイルの効率化を目指して協業すると発表した。 両社は物流のラストワンマイル配送効率 […]

  • 2019.07.02

不在票を狙った新たな再配達問題、クレジットカードを不正入手。

不在票を利用した新たな再配達問題の登場だ。 簡易書留郵便の不在票をポストから盗み出し、住人になりすまして郵便局でカードを不正に受け取る事件が東京都内を中心に増えている。郵便局でクレジットカードを受け取るには保険証や身分証明書が必要となるが、犯行グループは免許証や保険証を偽造し、窓口職員をうまく欺きク […]

  • 2019.06.29

宅配便再配達率は2018年4月から1%増加の16.o%。物流ラストワンマイルへの取り組みとネットショッピング利用の増加。

国土交通省は、【総合物流施策推進プログラム】において宅配便の再配達率の削減(2020年度13%程度)を設定し対策に取り組んでいるが、2019年4月は2018年4月と比較して1%の悪化となった。 調査の対象は3社。業界最大手のヤマト運輸、日本郵便、佐川急便の3社。調査期間は2019年4月1日~4月30 […]

  • 2019.06.23

ヤマダ電機、24時間商品が受け取れる「ERYBOX」実証実験開始!物流のラストワンマイル問題解消にも繋がるサービス内容とは?

株式会社ヤマダ電機は、サイブリッジグループ株式会社(本社:東京都新宿区/代表:水口翼)傘下の ERY JAPAN LLCと協同し、ヤマダ電機の通販サイト「ヤマダウェブコム」で注文した商品の受け取りを、宅配ロッカー「ERYBOX(エリーボックス)」で可能にするサービスの実証実験を開始した。 YAMAD […]

  • 2019.06.20

ヤマト運輸、クロネコメンバーズでAmazon Alexa (アレクサ)で再配達依頼や受け取り日時変更ができる新サービスを発表。

あのアレクサでヤマト運輸が使える 「アレクサ、アラームをかけて!」「アレクサ、音楽をかけて!」「アレクサ、ヤマト運輸を開いて!」 6月17日、ヤマト運輸はクロネコメンバーズでAmazonの音声認識サービス「Amazon Alexa」を搭載したデバイスを通じて、音声で宅配便の配送日時の確認や変更を行え […]

1 2 4