2/5ページ

2/5ページ
  • 2019.09.07

置き配、不安の声7割…物流のラストワンマイルにおける救世主になれるか。

郵便受け最大手のナスタ(東京・港)は、6月にインターネットショッピングを頻繁に利用している20代以上の男女1000人に置き配についてのアンケートを行った結果、約7割がサービスの利用に不安を感じていることを発表した。 不安を感じている7割はすでに米中等で問題になっている盗難への不安の他に、配送伝票から […]

  • 2019.08.28

ヤマトHDとベル、無人航空機の機能実証実験に成功。空輸から物流のラストワンマイルへのシームレスな輸送形態の確立へ。

ヤマトホールディングスは、8月26日に米国テキサス州郊外にて、「空飛ぶトラック」の機能実証実験に成功したと発表した。 今回の実証実験にて証明された機能は以下となる。 「ATP70」の空力特性と最適化した姿勢での自立飛行 飛行中および地上での作業時の高い安全性と可能性 空輸からラストワンマイルへのシー […]

  • 2019.08.27

物流のラストワンマイルの救世主!ドローン配送の活用事例と課題を紹介。

近年、物流のラストワンマイル(配送最終拠点からユーザーへの配送)においてドローンの台頭が凄まじい。大規模な物流では陸海空全てが物流経路であるが、ラストワンマイルでは陸のみの配送に依存する現状があった。物量網のパンクが懸念される中、それを打破する手段として、ドローンの出現は大きな意味合いをもつ。今回は […]

  • 2019.08.13

再配達問題における楽天やウケトルの通知機能の重要性、物流のラストワンマイル効率化に向けて。

いつ荷物が届くのか。今、どこに荷物があるのか。リアルタイムで荷物の配送状況を把握することは配送員と受取人、双方にメリットがある。 物流のラストワンマイルにおいて、このメリットを満たすには荷物状況通知機能(発送通知、最到着通知、持ち出し通知、不在通知など)が重要である。通知機能によって受取人が荷物がど […]

  • 2019.08.05

OKIPPA、オートロック物件で宅配実証実験。物流ラストワンマイルの再配達削減に向け。

置き配バッグOKIPPAを展開する物流系ITスタートアップのYper株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 内山 智晴、以下「Yper」)は、株式会社デジタルガレージ(本社:東京都渋谷区、代表取締役 兼 社長執行役員グループCEO:林 郁、以下「DG」)が開催する不動産関連スタートアップを対象 […]

  • 2019.07.29

ゼンリンが提供する「配達アプリ」物流のラストワンマイルに欠かせない地図精度

ゼンリンデータコム(東京都港区)が昨年末にリリースした「配達アプリ」はこれまで配送員が行っていた作業を効率化する驚くべき機能を兼ね備えていた。 配送員はこれまで各拠点に出勤し、担当のエリアの印刷された紙の大きな地図に配送先をマーキングしその地図を見ながら配送していた。紙の地図に印をつけ、荷物を積み込 […]

  • 2019.07.29

矢野経済研究所、物流のラストワンマイル市場の実態と展望を発表。堅調な拡大傾向を予測。

矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)はラストワンマイル物流市場を調査し、分野別の物流スキームと動向、課題や将来展望などをまとめた(資料は矢野経済研究所で購入することが可能である。https://www.yano.co.jp/market_reports/C61105200) 2018年度のラスト […]

  • 2019.07.19

ヤフーとアスクルの業務提携解消、物流改革への先行投資

アスクル(岩田彰一郎社長)が筆頭株主のヤフーに対し、資本・業務提携の解消を申し入れている。共同運営するインターネット通販サイトの事業譲渡をヤフー(川辺健太郎社長)が求め、アスクルが拒否し関係が悪化。アスクルは提携関係の維持は難しいと判断し、独自路線での成長を目指す。ヤフーに代わる資本提携先として複数 […]

  • 2019.07.15

アマゾンジャパン、大都市圏中心に置き配サービスを本格スタート。再配達減らす。

アマゾンジャパン合同会社 (以下、アマゾンジャパン)は7月8日、ユーザーが購入した商品を、玄関や車庫などに置いて届ける「置き配」の対象エリアを、東京・大阪・神奈川など7都府県に拡大すると発表した。Amazonが発送する商品、およびAmazon物流代行サービスであるFBAを利用し販売する出品 […]

1 2 5