3/3ページ

3/3ページ
  • 2019.04.25

置き配「OKIPPA」を運営するYperが3.5億円調達。再配達問題解決の立役者に!!

置き配サービスの「OKIPPA」をするYperは日本郵政との実証事件を経て4月24日、ニッセイ・キャピタル及びみずほキャピタルを引受先とした第三者割当増資により3.5億円を調達したこと発表しました。 ニッセイキャピタルより5000万円を調達して以来の調達で、調達した資金を利用し、バッグ量産や採用、経 […]

  • 2019.04.22

再配達9割削減に成功した不在配送ゼロ化 AIプロジェクト

東京大学大学院情報学環・越塚登研究室、同大学工学系研究科田中謙司研究室は24日、「不在配送ゼロ化AIプロジェクト」(代表者:大杉慎平)において、開発した配送ルーティングエンジンによる配送試験を行い、98%の配送成功率を得たことを発表した。  (プロジェクト詳細URL:https://www.prot […]

  • 2019.04.08

「置き配」が再配達問題を救う?置き配の基本をおさらい

アパートの玄関前になにかがある。しかも雨に濡れている。ドアを塞ぐようにそこにいるから、また厄介だった。この光景は、筆者の父が愛娘のために持ってきたが不在のため置きっぱなしにされた米30kgが生んだ悲劇だ。当時の私はひどく驚いた。30kgの米を家の中になんとか入れると、さすがにため息が出た。こんなのあ […]

  • 2019.04.07

「運賃値上げ」と「配達の同時性」。もぅマヂ無理。。。な物流会社の悲鳴に迫る

「もぅマヂ無理」 膨大な仕事量を我が身一つで捌かなければならない。社会人あるあるなのかは不明だが、そんな時つい心の中で呟いてしまう方は多いだろう(決してちょぉ大好きだった彼氏と別れたからではない)。 こんな状況、実は近年の物流業界も例外ではない。 宅配個数増加と人員不足の加速。そんな中、大手物流会 […]

  • 2019.04.01

再配達を軽減するために消費者が実践すべきこと。不在票と追跡サービスについて

ネット通販。元々は郊外に住んでいる人への効率的な買い物を提供する目的で広まっていきましたが、今では住んでる地域に関係なく、良いものを"安く"そして"早く"購入するため、多くの人に愛されるサービス形態となっています。皆さんも一度と言わず、何度も使ったことがあるのではないでしょうか? しかし、その便利さ […]

  • 2019.03.16

物流サービス大手のフェデックスも配送ロボットを発表

物流サービス大手のフェデックスは2月27日、自動走行の配達【ロボットセイムデーボット】(SameDay Bot)を発表しました。 「物流のラストマイル」へ実用化に向けたテストを開始する。   電動立ち乗り二輪車のセグウェイを開発したデカ・リサーチ&デベロップメント(DEKA Reserac […]

  • 2019.03.16

ラストワンマイルの様々なサービス

物流会社が提供するラストワンマイルサービス では各物流会社や通販会社は利便性向上のため、そして荷物の再配達を少なくするためにどのようなサービスを提供しているのでしょうか。今回は物流会社が提供する様々なサービスについてカテゴリに分けて紹介していきます。   受取人向けのサービス   […]

  • 2019.03.16

再配達問題を引き起こす宅配荷物の増加と社会的損失について

年々増加傾向にある宅配荷物数 近年の通信販売、特にインターネットを利用した通信販売(EC)の伸びとともに宅配便の取扱個数は急伸しており、直近5年では取扱個数が約6.1億個増加している。 国土交通省は9月7日、2017年度の宅配便取扱個数は42億5100万個だったと発表した。2017年度の宅配便取扱個 […]

  • 2019.03.10

物流におけるラストワンマイルとは?再配達を解決する多様なラストワンマイルのサービス

物流業界における「ラストワンマイル」とは?   物流業界における「ラストワンマイル」とは、物流拠点から個人宅までの最終区間を指しています。 例えば、あなたがECサイトで商品を購入すると、宅配業者がドアの前まで荷物を届けてくれます。 この「届くまで」にはいくつかのステップがあり、最後のステッ […]

1 3